研課題
J-GLOBAL ID:200904081802538960  研究課題コード:9911004551 更新日:2003年12月15日

ハイブリッドFRPの高機能化に関する研究-低弾性層を有するハイブリッドFRPの曲げ特性について

A study regarding sophistication of functions of hybrid FRP: On bending characteristics of hybrid FRP having a low-elasticity layer
実施期間:1999 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
要旨 高弾性PAN系炭素繊維-アルミナ繊維強化ハイブリッドFRPで,他繊維強化層間に低弾性率層を有するFRPと有さないFRPの曲げ試験を行なった。その結果,低弾性率層を有無に関わらず破壊はCFRP層のハイブリッド比が低い試料については引張側のAFRP層から除々に破壊し,ハイブリッドの高い試料については圧縮側のCFRP層とAFRP層の界面からCFRP層にクラック生じ破壊した。曲げ弾性率については低弾性層の影響により低弾性率層を有するハイブリッドFRPは低下した。しかし初期破壊ひずみは,熱膨張から起因すると考えられる内部応力を低弾性率層が緩和するため大きく向上し,弾性率の低下の影響を越え初期破壊強度を向上させた。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る