研課題
J-GLOBAL ID:200904081890895777  研究課題コード:9800025686 更新日:1995年03月23日

物質・材料の極微小領域における素機能の計測・評価・制御に関する研究(第II期) 6.素機能の計測・制御法の高度化に関する研究 �微小領域軟X線の計測応用に関する研究

Study on measurement, evaluation and control of elementary functions in microregion of substances and materials (5) Study on soft X-ray radiation applied measurement for microregion
実施期間:1992 - 1993
研究概要:
1) 研究目標 具体的な材料を対象にして材料の機能性と素機能との関係をさらに基礎的に掘り下げ評価し、素機能の概念をより明確にすると共に、それを制御することに重点を置いて研究を行なう。 (1) セラミックス、金属を中心にしてマクロの物性・機能と素機能との関係を明らかにする立場からマクロ材料の高度化、新機能化を目指す。 (2) 半導体を中心にしてミクロ領域の物性・機能をそのままうまく利用してミクロな機能材料を目指す研究を行なう。 (3) 第I期で開発した要素技術の高度化、実用化、作成した装置の高精度化、及び素機能のIN SITU計測・制御に関する研究を行なう。 2) 研究計画 (1) マクロ機能材料の研究では、セラミックス粒界を利用した電子材料、触媒材料、分子認識材料、および強誘電体微結晶・層間化合物を利用した光学材料の開発を目指し、そのミクロ領域の素機能を組み合わせ、マクロ機能材料を創製するための研究を行なう。 (2) ミクロ機能材料の研究では、光電子デバイス材料、量子光電子機能材料、量子細線・量子箱材料、電子デバイス用材料についての、ミクロ領域での素機能の制御と評価に関する研究を行なう
キーワード (8件):
機能材料 ,  機能 ,  制御 ,  機能素子 ,  機能分析 ,  材料設計 ,  放射線応用計測 ,  軟X線
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1993年度: 9,650(千円)

前のページに戻る