研課題
J-GLOBAL ID:200904082338883639  研究課題コード:9800024353 更新日:1995年12月05日

宇宙環境利用実験技術の研究

Study on the experimental technology of space environment utilization
実施期間:1986 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (9件):
研究概要:
1) 研究目標 将来、ますます多様化、高度化する宇宙環境の利用を有効に推進するため、宇宙ステーション及びプラットフォームの要素技術、宇宙実験技術並びに耐宇宙環境技術の確立を目指した研究を進める。 2) 研究計画 1.伸展型実験台については、宇宙船外活動ツールの試作検討を行う。また、技術試験衛星(ETS-VII)用組立て結合機構については、実験実施に向けて更に検討を進める。2.水・ガス循環装置については、低動環境下での特性を調べるための実験装置の追加製作を行い、予備実験を実施する。3.テザー/ブーメラン技術については、運動の数値シミュレーションを進め、テザー繰り出し/巻き取りリール機構の改良モデルを試作する。先端ペイロードの初期分離機構の機能試験を実施するとともに、空気浮上ベッド用の平面床システムを製作する。4.テレオペレーション/テレサイエンス技術については、引き続きETS-VII軌道上実験の概念検討を推進するとともに、搭載型供試体装置のEM(開発モデル)の一部試作に着手する。5.微小重力下における流体挙動に関する研究
キーワード (5件):
宇宙飛行体 ,  宇宙ステーション ,  宇宙プラットホーム ,  実験 ,  宇宙環境
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
研究予算: 1993年度: 123,279(千円)

前のページに戻る