研課題
J-GLOBAL ID:200904082771500388  研究課題コード:6000001422 更新日:2007年11月20日

「ナンブコムギ」のビーアシュタンゲン開発

Developing a Bierstangen with “Nanbukomugi” wheat flour
実施期間:2005 - 2005
研究分野 (1件): 食品科学
研究概要:
県産小麦の需要拡大のため、主力品種であるナンブコムギについてパンへの加工利用を検討 してきた。ナンブコムギの蛋白質は質、量ともに強力粉とは異なることから、パンの性質も強 力粉とは違う。食感や老化に関しては改善を求められることが多い。そこで、平成15、16 年度 はナンブコムギの性質に合わせたパン加工方法を検討するとともに、食感等品質の改善に努め てきた。そして、ナンブコムギの風味を活かすパンを開発し、提案してきたところである2) 3)。 しかるに、パンの種類によってはナンブコムギが強力粉より勝るとも劣らず、むしろナンブ コムギに適するパンがあることがわかった。それは、ビーアシュタンゲンである。そこで、ナ ンブコムギのビーアシュタンゲンの開発と普及を目的に、生地の分割・成形の省力化や多様化に ついて検討した。今年2 月の研究発表会で県内の加工業者の方々へ情報提供するとともに、ナ ンブコムギのビーアシュタンゲンとして5 種類を提案した。
キーワード (2件):
ナンブコムギ ,  ビーアシュタンゲン
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 島津 裕子
研究制度: -

前のページに戻る