研課題
J-GLOBAL ID:200904083034538940  研究課題コード:9911002457 更新日:2003年05月14日

超高温ガスタービン用単結晶超合金の設計開発

実施期間:1997 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ジェットエンジンや発電用タービンなど各種ガスタービンの高温化・ 高効率化は,エネルギー問題や地球温暖化への現実的な対応策として 極めて重要である。本研究は,1800°C級の超高効率ガスタービンの 実現に必要なNi基単結晶超合金を開発することを目的としたものであ る。すなわち,本研究では理論的な材料設計と高度の組織制御を組み 合わせてミクロ組織を最適化し,耐用温度の向上を図る。既存の商用 の第3世代単結晶合金CMSX-10に比べて50°C向上した耐用温度1085°C (137MPaで1000時間のクリープ寿命となる温度)を開発目標とし, 併せて耐高温腐食性や,製造性にも配慮した新合金を開発する。
プロジェクト名: 新規産業創造型提案公募事業
研究制度: 新規産業創造型提案公募制度
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1999年度: 14,073(千円)

前のページに戻る