研課題
J-GLOBAL ID:200904083317062356  研究課題コード:9800039629 更新日:2003年12月15日

戦後建築家に関する基礎的研究

A study on postwar Japanese architecture
実施期間:1996 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
日本の建築は,戦後半世紀の間に大いに発展し,現在では世界の建築界のリーダーシップをとるまでになっている。村野藤吾,前川国男,丹下健三といった優れた建築家や建築評論家の努力によるところが大きい。戦後50年経った時期を迎えて,戦後をリードした建築家たちの業跡について,早急に,この時期についての資料の収集と分析に着手し,戦後建築総体の基本資料を得ることを目的とする
キーワード (4件):
建築家 ,  資料収集 ,  建築物 ,  建設技術
研究制度: 経常研究

前のページに戻る