研課題
J-GLOBAL ID:200904084149900681  研究課題コード:9910002191 更新日:2002年12月17日

側頭葉の認知機能に関する研究

Study of the recognition function of the temporal lobe
実施期間:1998 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
言語理解の神経機構を明らかにするには、一方では言語音の認知機構の解明が不可欠であり、もう一方では、脳内の意味的知識の構造がどのようになっているのかを解明することが重要である。我々は側頭葉下部を含む脳損傷例に意味的認知課題を施行し、意味的知識がどのように構造化されて保存されているのかを検討したい。検査に使う諸概念について画像データを作成する。それに次いでその対象物が発する音の音響データベース(例:乗り物の音、楽器の音)を作成する。本年度は視聴覚刺激のデータベースの作成が第一の目標である。可能な限り実際の物品に近い刺激を作成することが要求される。第二の目標はそれを脳損傷例に試験的に呈示し、検査の難易度を調整することである。
キーワード (5件):
側頭葉 ,  認知 ,  意味記憶 ,  カテゴリー ,  モダリティー
研究制度: 経常研究

前のページに戻る