研課題
J-GLOBAL ID:200904084531523286  研究課題コード:0350010942 更新日:2004年10月28日

GPS観測による陸域断層の応力蓄積過程の解明

Study of Loading processes of inland faults by GPS observations
実施期間:2002 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
糸魚川-静岡構造線中央部および長町・利府線付近においてGPS稠密観測アレイによって詳細な地殻変動パターンを求め,各断層の下部延長におけるすべり分布を推定する。また,広域GPS観測網のデータに基づいて日本列島スケールにおける内陸の応力蓄積過程をモデル化し,断層スケールの歪み場との関係を明らかにする。
キーワード (4件):
GPS ,  地殻変動 ,  応力蓄積過程 ,  陸域断層
プロジェクト名: 陸域震源断層の深部すべり過程のモデル化に関する総合研究
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 文部科学省
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 飯尾 能久
研究制度: 科学技術振興調整費
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 2003年度: 5,102(千円)

前のページに戻る