研課題
J-GLOBAL ID:200904085133064723  研究課題コード:0350014153 更新日:2004年12月20日

光触媒能を持つ針状酸化チタン微粒子の調製法の確立とその評価

Establishment and evaluation of preparation method of needle-like titanium oxide fine grains having photo-catalytic function
実施期間:2003 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
サイズの制御された針状微粒子酸化チタン(TiO2)光触媒を調製するため、比較的温和な反応条件下で、特殊な装置を必要としない調製方法を確立する。合成は、チタンアルコキシドを原料として、有機溶媒中で加水分解させることによりTiO2微粒子を得るアルコキシド法を基本として、溶媒やアルコキシドの種類、反応温度等の反応条件を検討していく。光触媒能に関する評価は、VOCやアセトアルデヒド等を対象として、光触媒によってどの程度分解されるかをガス検知管やGC-MSで測定することにより行う。
キーワード (5件):
酸化チタン ,  光触媒 ,  針状 ,  環境浄化 ,  アルコキシド
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E354000000)
研究制度: -

前のページに戻る