研課題
J-GLOBAL ID:200904085711566176  研究課題コード:9800030173 更新日:2006年09月15日

小児や老人の認知モデルとしてのニホンザルの認知関連電位の研究

Study on recognition associated electric potential of Japanese monkey as a recognition model of children and elderly persons
実施期間:1994 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
小児や痴呆老人では、検査を行おうとしても課題を充分理解しないことが多く、さらに持続できないことが多い。本研究では、被験者が受動的でありながら認知・注意力を測定できるモデルとして、2頭のニホンザルを用い、電気生理学的にP300やMMNを記録する。刺激の様式や内容を変化させた時の認知関連電位をヒトと比較検討することにより、小児や老人の認知機能についての理解を深めることを目的とする
キーワード (6件):
認識 ,  認知障害 ,  電気生理 ,  老人 ,  子供 ,  ニホンザル
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
厚生労働省
研究予算: 1997年度: 0(千円)

前のページに戻る