研課題
J-GLOBAL ID:200904085822646365  研究課題コード:9800040167 更新日:2000年03月31日

幼少期におけるサル下部側頭葉皮質摘除の視覚性認知機能に及ぼす長期的影響

Long-term effects of inferotemporal cortical lesions in infant monkeys on visual cognitive function
実施期間:1995 - 1999
研究概要:
幼少期に受けた脳損傷が成長した段階で種々の生理学的,心理学的機能にどのような影響を及ぼすかについてはまだよく知られていない。本研究ではサルを被験体とし幼少期脳損傷の長期的影響を検討する。サルでは成体期に下部側頭葉皮質が摘除されると重篤な視覚性認知障害が生じることが知られている。本研究では幼少期に下部側頭葉皮質を摘除されたサルが成長した段階で視覚性認知機能にどのような影響を受けているかを調べる
キーワード (6件):
側頭葉 ,  皮質 ,  視力障害 ,  認知障害 ,  神経組織 ,  サル
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 1,000(千円)

前のページに戻る