研課題
J-GLOBAL ID:200904086989494920  研究課題コード:0150002049 更新日:2001年03月28日

乾燥材の品質の違いが接合部の性能に与える影響の解明

Elucidation of influence of the difference of quality of dried material to the performance of joints
実施期間:2000 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
本研究は、乾燥方法の違いが接合部の施工精度や強度性能に与える影響の解明と、部材の含水率変化が接合部の性能に与える影響の解明を目的としている。12〜14年度に乾燥材および高速乾燥材を用いたプレカット接合部、釘接合部、ボルト接合部の施工精度と強度性能を比較し、また、12〜16年度に同様の試験体を吸・脱湿条件下に置いて施工精度と、これに伴う強度性能の変化を測定する。、本研究により、乾燥方法の違いが接合部の性能に及ぼす影響が明らかになる。また、部材の含水率変化が、接合性能に及ぼす影響が明らかになる。
研究制度: 現場即応研究

前のページに戻る