研課題
J-GLOBAL ID:200904087672522339  研究課題コード:9800021836 更新日:2004年08月24日

可視InGaAlP半導体レーザーの高コヒレンシィ化とそのホログラム作製への応用

A coherence-improved InGaAlP semiconductor laser and its application to holography
実施期間:1991 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
従来,半導体レーザは,コヒレンシィが不充分なためホログラム作製に適用できなかった。本研究では,回折格子をInGaAlP可視半導体レーザーに組合せて単一モード発振させ,高コヒレンシィを実現している。この高コヒレンス半導体レーザーを用いて,明瞭なホログラム作製に成功している。今後一層のコヒレンシィの向上をはかる。究極の安定化として,半導体レーザの絶対周波数安定化に成功したので,今後,絶対周波数安定化の一層の性能向上を狙う
キーワード (3件):
回折格子 ,  半導体レーザ ,  ホログラム
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 3,000(千円)

前のページに戻る