研課題
J-GLOBAL ID:200904087673622043  研究課題コード:0250005884 更新日:2008年07月17日

メカニカルアロイングによる鉄クロム合金の試作

Trial production of iron-chromium alloys by means of mechanical alloying
実施期間:2001 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (2件): 金属物性 ,  材料加工・処理
研究概要:
含クロム鋼は耐食・耐熱性に優れることから,ステンレス鋼に代表されるように広範囲に用いられている。ただ,鉄-クロム系で生成されるシグマ相が脆性なため,例えば高温長時間の使用が制限されるなどの問題点がある。この相が形成されない鉄-クロム系の合金を得るため新規の合金化手法(メカニカルアロイング)を試みる。本年度は鉄-クロムの二元系粉体をメカニカルアロイング装置で混煉,X線回折することで合金状態の基礎的知見を得る。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る