研課題
J-GLOBAL ID:200904087723670800  研究課題コード:9911002499 更新日:2000年10月02日

津波災害軽減のためのレーザ式津波検知システムの基礎研究

Development of laser tsunami-meter and its application to tsunami-monitoring systems.
実施期間:1998 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
津波災害を軽減するための一つの有力な手段として,津波検知システムによる津波の外洋観測がある。この津波検知システムを構成する津波計として坂田の発明によるレーザ津波計が有望である。本研究では第1号のレーザ津波計を製作し,水深20mの浅海域で試験観測を始める。同時に,日本列島周辺に,どのように津波検知システムを配置すればよいかについての検討も行う。
キーワード (9件):
津波 ,  津波警戒システム ,  津波監視システム ,  津波計 ,  レーザ津波計 ,  海底圧力計 ,  光ファイバ ,  ファブリペロー干渉計 ,  光ヘテロダイン法
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1999年度: 9,654(千円)

前のページに戻る