研課題
J-GLOBAL ID:200904087739967837  研究課題コード:9800046846 更新日:2006年03月16日

硬X線用積層型ゾーンプレートの高性能化と応用に関する研究

実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
波長が1前後の硬X線は、物質の結晶構造解析、欠陥分析、元素分析など広範囲に利用されており、そのマイクロビーム化技術の研究が急務である。本研究では、硬X線用集光素子として最も有望であるフレネル・ゾーンプレート(FZP)高性能化を図り、硬X線ビームの微小化、および集光効率の向上を目指す。また、集光したX線を利用して物質の観察を行い、硬X線顕微法の確立を目指す。
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1996年度: 5,439(千円)

前のページに戻る