研課題
J-GLOBAL ID:200904088342061170  研究課題コード:9800005017 更新日:2006年03月14日

高品質放射線の発生・利用技術に関する研究

Study on production and application technique of high quality radioactive ray
実施期間:1988 - 1992
研究概要:
SORでは対応できない特性を有するエネルギー可変γ線、陽電子線等の大強度高品質放射線の発生、利用技術は材料分析・評価、物質の創成・分離など原子炉材料開発等に極めて有用であるため、基盤となる高エネルギー電子線等の荷電粒子線の高品質化、大電流化などの加速技術及びアンジュレータ技術などの光子ビームの発生技術の開発を行う
キーワード (7件):
粒子放出 ,  粒子ビーム ,  光子ビーム ,  加速 ,  アンジュレータ ,  粒子源 ,  放射線
研究制度: 国立機関原子力試験研究費
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1992年度: 39,857(千円)

前のページに戻る