研課題
J-GLOBAL ID:200904088392979135  研究課題コード:9800010761 更新日:1998年08月21日

担子菌処理による地域資源の高栄養飼料化技術の確立

Improvement of nutritive value of cereal straw by a solid state fermentation with selected white rot fungi
実施期間:1991 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
小麦わらのリグニンを分解・除去して良質な繊維質飼料に変換するため,選抜した担子菌による処理技術を開発し,家畜を通して担子菌処理した小麦わらの飼料価値を明らかにする
キーワード (9件):
飼料 ,  栄養強化 ,  担子菌類 ,  コムギ ,  藁 ,  リグニン ,  微生物分解 ,  除去 ,  繊維
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 3,000(千円)

前のページに戻る