研課題
J-GLOBAL ID:200904088486645516  研究課題コード:0550028430 更新日:2005年03月23日

「SPICA」望遠鏡その他のための軽量鏡材の開発

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (11件):
研究概要:
次世代の赤外線天文衛星として開発をすすめているSPICAにおいて,口径3.5mの極低温大型望遠鏡を実現するため,各種のSiC,C/SiC複合材料などの材料を用いた場合の鏡面性について基礎的な開発研究を行った.顕微鏡型干渉計を用いて,各材料で製作した鏡面の微視的な構造を明らかにし,表面粗さを定量化して材料開発,研磨手法を改良した.また,液体窒素で冷却した各鏡材にHe-Neレーザーをあてて散乱特性を測定することで,SPICA望遠鏡の鏡材の候補においては,冷却による表面粗さの変化は無視できる程度であることを明らかにし,この測定方法の成立性を確認した.そのほか,鏡面の微視的構造が望遠鏡の結像性能(解像度,コントラスト,星像重心)におよぼす影響について,簡単なシミュレーションを開始し初期成果を得た.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る