研課題
J-GLOBAL ID:200904088533884338  研究課題コード:9800020678 更新日:1996年07月19日

プラスチックの耐ストレスクラック性について

The resistance to stress cracking of plastic
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
ポリスチレンについて,成形条件がストレスクラックに及ぼす影響を,ヘキサン浸漬により検討した結果,充填時間,金型温度,樹脂温度が大きく効いており,充填時間が長く,各温度が低い程ストレスクラックが発生しやすいことが判明した
キーワード (7件):
プラスチック ,  寒冷ストレス ,  暑熱ストレス ,  亀裂 ,  成形 ,  強化プラスチック成形 ,  形態
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 637(千円)

前のページに戻る