研課題
J-GLOBAL ID:200904088567807570  研究課題コード:9800028125 更新日:1998年03月09日

再生資源を原料とする器具・容器包装等の安全性に関する研究

Safety of apparatuses and container packages produced from recycled resources
実施期間:1994 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
地球環境の保護と資源の有効利用が世界的規模で叫ばれるようになり,その一環としての生活資材のリサイクル化が様々な分野で推進されている。食品関係の器具・容器包装に関しても例外ではなく,発泡ポリスチレン製トレーをはじめとするプラスチック製品の再生,再利用が既に一部始められている。プラスチックに限らず紙その他の素材のリサイクル品を食品関係に使用する場合,特に厳格な安全性についての検討が必要である。即ち,流通,回収過程における汚染ならびにプラスチックそれ自体の劣化をはじめ,それぞれの製品の製造に当たり使用された化学物質の分解生成物や反応生成物の動向など,新たな視点での取り組みが必要である。本研究は今後ますます増大するであろうリサイクル関連製品の安全性確保のための基礎的検討を行い,食品衛生の向上に寄与することを目的とするものである
キーワード (10件):
食器 ,  包装容器 ,  プラスチック ,  紙 ,  資源再生 ,  汚染 ,  劣化 ,  分解物 ,  安全性 ,  食品衛生
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 0(千円)

前のページに戻る