研課題
J-GLOBAL ID:200904088806756028  研究課題コード:9800009025 更新日:1994年03月01日

チアベンダゾール(TBZ)の奇形発現機序に関する研究

Studies on the mechanisms of thiabendazole (TBZ) -induced teratogenicity
実施期間:1981 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
TBZと同じベンズイミダゾール化合物の中にはチュブリン蛋白質と結合するという報告がある。チュブリンより構成される微小管は細胞分裂に関係しており,細胞分裂の阻害はその後の発生過程に影響し,奇形を誘発することが充分考えられる。今年度は培養細胞を用いTBZの細胞骨格に対する影響を調べている
キーワード (9件):
チアベンダゾール ,  催奇形性 ,  チューブリン ,  蛋白質 ,  微小管 ,  細胞分裂 ,  奇形 ,  培養細胞 ,  細胞骨格
研究制度: 経常研究

前のページに戻る