研課題
J-GLOBAL ID:200904088904659260  研究課題コード:9800010015 更新日:2008年01月22日

原爆被爆者のHLA遺伝子タイプの調査研究 ポリメラーゼチェイン反応を用いるHLA遺伝子タイピング法の確立とその適用

A study of HLA gene type for A-bomb survivors. Establishment of a method for HLA gene typing using the polymerase chain reaction and its application
実施期間:1990 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 免疫学
研究概要:
従来の抗血清を用いるヒト主要組織適合抗原(HLA)タイピング法に代わり,リンパ球から抽出したDNAをポリメラーゼチェイン反応により増幅後,種々のHLA対立遺伝子を識別するオリゴ合成プローブを用いてHLA遺伝子タイピング法を確立する。特定のHLA抗原が原爆被爆者の被爆直後の生存力の差あるいはその後の各種疾患の発生の差に対して関与しているかどうかを本法を用いて明らかにする
キーワード (7件):
原爆被爆者 ,  ヒト白血球抗原 ,  遺伝子 ,  組織適合性抗原 ,  生存率 ,  発病 ,  DNAポリメラーゼ
研究制度: 経常研究

前のページに戻る