研課題
J-GLOBAL ID:200904088971271551  研究課題コード:9800048332 更新日:2002年11月18日

利雪型貯蔵施設の米貯蔵効果試験(406071)

Test on effect of storage facilities that takes advantage of snow, on rice storage
実施期間:1997 - 1999
研究概要:
米は生産過剰になっている。一方、消費者は米の食味に対する要求が高くなり、米購入の際には産地、品種名のみならず栽培様式、乾燥、貯蔵法、搗精月日にも注意している。籾貯蔵、今擦り米などが宣伝文句に使用されている。雪利用貯蔵は北海道の自然環境を利用した貯蔵法として消費者に与えるイメージは極めて良い。しかし、利雪型貯蔵庫(沼田町)は実用米貯蔵施設として北海道で初めて建設されてものであり、その運用方法、貯蔵米の食味実態などの不明な点もある。本試験では当該施設に於ける米貯蔵効果を明らかにすることを目的とする。また、北海道の自然条件を利用して米の食味を周年にわたって低コストで維持することに役立てようとするものである。1) 貯蔵米の食味特性値調査試験
キーワード (5件):
,  貯蔵 ,  味 ,  冷蔵 ,  降雪
研究制度: -

前のページに戻る