研課題
J-GLOBAL ID:200904089150292565  研究課題コード:9800037277 更新日:2005年02月03日

超短パルスコヒーレント光の発生と応用

Generation and application of ultra-short and coherent light pulses
実施期間:1995 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
フェムト秒,テラワット出力の高強度レーザーにより誘起される気体の非線形屈折率を用いてレーザービームを気体媒質中に自己束縛させ,自己位相変調により真空紫外から赤外に及ぶ超広帯域なフェムト秒光パルスの発生を行っている。この光はレーザーの変調波であるため,スペクトルは広いが高い空間・周波数コヒーレンシーを持っており,数ミクロンの微小空間への集光や数10フェムト秒へのパルス圧縮が可能である。本研究では,自己束縛と位相変調の機構を調べ広帯域光発生の物理機構を明らかにすると同時に,その応用として超高速時間分解分光システムの開発を行っている
キーワード (8件):
レーザビーム ,  コヒーレント光 ,  大出力レーザ ,  パルスレーザ ,  自己位相変調 ,  時間分解分光法 ,  レーザ励起 ,  レーザ加工
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (0216001000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る