研課題
J-GLOBAL ID:200904089287376120  研究課題コード:0150002469 更新日:2001年03月16日

社会基盤等を活用した省エネ及び都市の気候緩和に関する研究

Study relating to labor-saving and ease of climate in city area using social infrastructure
実施期間:1998 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
我が国では、情報化社会の進展及び生活の快適性を求めた国民の生活様式の変化等により、エネルギー消費量が増大している。特にエネルギー消費量の多い大都市圏では、ヒートアイランド現象が顕在化し、さらにその現象は今後拡大することが予想されると同時に、ヒートアイランド現象の緩和策が期待されている。本研究では、路面に与えられた熱を吸収することでヒートアイランド現象を緩和し、同時に吸収した熱を電気として利用する路面発電システム(Road Electric Generation System、以下本文ではREGSという)を開発することを目標としている。11年度はREGSの性能に関する簡単なフィールド実験を行い、数値計算値との比較により評価することを目的とする。REGSの性能について評価を行った結果、地中の温度分布、REGSによる発電量に関して、実験値と数値計算値とは比較的よく一致し、これらが数値計算により評価されることが確認された。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る