研課題
J-GLOBAL ID:200904089592589010  研究課題コード:0250003886 更新日:2009年10月16日

化学合成資材の投入量節減技術の開発 (ア)いもち病農薬代替技術の開発 (イ)農薬代替利用技術の開発 (1)いもち病に対するケイ酸の効果 (2)真空浸漬による種子消毒 (3)長期発生予察による効率的防除対策

Development of chemical synthetic materials decreasing technique (a) Development of substitutive technique for agricultural chemicals for rice blast: (b) Development of substitutive technique for agricultural chemicals: (b-1) Effect of silicic acid on rice blast: (b-2) Disinfections by vacuum sintering: (b-3) Efficient control measures by long-term forecast
実施期間:2000 - 2002
研究分野 (1件): その他
研究概要:
自然環境を保全しながら農産物の持続的生産を行うとともに山形県産米の安全,良食味イメージアップを図るため,長期に効果のある持続性農薬を効率的に使用し,農薬の投入量を削減するとともに農薬代替資材や防除技術を単作し,農薬の5割を節減した防除技術を確立する。
キーワード (4件):
農薬 ,  いもち病 ,  ケイ酸 ,  節減
研究制度: 経常研究

前のページに戻る