研課題
J-GLOBAL ID:200904089678000000  研究課題コード:9911004655 更新日:2003年12月15日

位相格子を用いたガウス分布レーザービームの強度均一化

Homogenization of the strength of Gauss distribution laser beam using phase grating
実施期間:1999 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究は地域COE研究事業の一端を担うものであり、最終的には炭酸ガスレーザの空間的強度分布を位相型の回折光学素子を用いて整形することを目標としている。本年度はそのための第一段階として、ガウス分布をしたHe-Neレーザ光を一方向に均一な強度分布を持つレーザ光へ変換する回折光学素子の実現をめざす。この研究を通して回折光学素子の設計、製作、評価の手法の確立をめざす。また、回折光学素子を炭酸ガスレーザに適用する方法と問題点(光学系、素子の材質など)を明らかにする。
キーワード (7件):
ビーム整形 ,  光学素子 ,  回折格子 ,  炭酸ガスレーザ ,  レーザ加工 ,  He-Neレーザ ,  表面改質
研究制度: 経常研究

前のページに戻る