研課題
J-GLOBAL ID:200904089781736902  研究課題コード:1463 更新日:2013年10月07日

器官形成の分子機構

実施期間:1996 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
未分化細胞塊にアクチビンやレチノイン酸などを加えることにより、血球、脊索、腎臓、拍動し介在板をもつ心臓、インスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌する膵臓、更に感覚器官としての目や耳などの器官形成を可能にした。現在までに14種類の器官や組織を未分化細胞からつくることができた。また、これらの器官形成に関与する遺伝子のクローニングと解析を行った。これらの成果を通して、未分化細胞から必要な諸器官を形成する「器官発生工学」の礎を示すことができた。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (6件):
もっと見る
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る