研課題
J-GLOBAL ID:200904089939188355  研究課題コード:0150002027 更新日:2001年03月28日

破砕細片を用いた建築用ボード類の開発

Development of building board using crushed pieces
実施期間:2000 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究概要:
木質ボード類は原料選択の幅が広く、木材廃棄物の再利用法として有望である。しかし、木材をボード類の原料として利用する場合、刃物を用いて切削加工することでエレメント(構成要素)を製造するため、乾燥した状態にある木材廃棄物は切削抵抗が高く、歩留まりが低いこと、エネルギー消費量が高いことなどの問題点がある。一方、建築基準法の改正により、構造上重要な部位に使用される材料は、その性能が統計的に保証されていれば従来の規格等に合致しないものであっても使用することが可能となった。本研究は、簡便でエネルギー消費量の少ない破砕装置により加工したエレメントを用いて、建築用ボード類を開発する。
研究制度: 環境研究
研究所管機関:
国立研究開発法人森林総合研究所

前のページに戻る