研課題
J-GLOBAL ID:200904089972328812  研究課題コード:9800020789 更新日:2003年12月15日

木質シェル構造体の生産技術の開発に関する研究 ハニカム・コアを活用した木質複合材の性能

Development of dome shell structure by vacuum forming for furniture parts Performance of composite materials with hanycomb core
実施期間:1992 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
サンドイッチ構造を用い,木質系パネルの成形を行うための基礎的データの検討を初年度に行う。芯材には,ペーパーハニカムを使用し,表面材には木材,木質材,プラスチック,金属を使用する。これまでは,実測値と理論値が同一傾向を示したことを確認している。今後は,曲面成形したときの安全性をシミュレーションし,木材,木質材をデザイン・マテリアルとして家具のほか家電等のハウジング部門へも応用化を図る計画である
キーワード (10件):
木質材料 ,  パネル ,  ハニカム構造 ,  複合材料 ,  真空成形 ,  曲面 ,  安全性 ,  計算機シミュレーション ,  家具 ,  インテリアデザイン
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 22,000(千円)

前のページに戻る