研課題
J-GLOBAL ID:200904090099662822  研究課題コード:9800031757 更新日:2001年03月01日

食品中の添加物及び有害物質の化学的分析法に関する研究 フェノール化合物の高速液体クロマトグラフィー(HPLC)による簡易分析法

Studies on analysis of phenols in drinking water by high performance liquid chromatography with ultraviolet and amperometric detection
実施期間:1995 - 1997
研究概要:
近年消費者の嗜好の多様化に伴い,ミネラルウォーター類への関心からその消費量は年々増え,種類も豊富になっている。しかし,原料となる地下水が化学物質や農薬で汚染されていることが各地で報告されている。フェノール化合物は水道水の基準項目として,公定法(吸光光度法)による煩雑な測定がなされている。又,衛生試験法では,塩素化フェノール化合物について誘導体化によるGC法が採用されている。難揮発性のフェノール化合物についてHPLCによる簡易分析法の検討を行う
キーワード (8件):
飲用水 ,  フェノール類 ,  食品汚染 ,  食品分析 ,  高速液体クロマトグラフィー ,  フェノール誘導体 ,  ガスクロマトグラフィー ,  吸光分光分析
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 218(千円)

前のページに戻る