研課題
J-GLOBAL ID:200904090680096250  研究課題コード:9800025677 更新日:1995年03月23日

発生工学技術の開発等に関する研究 2.発生過程の細胞操作技術の開発 (4)始原生殖細胞の操作技術の研究

Study on the development of embryological engineering technology (4) Manipulation techniques for primordail germ cells
実施期間:1991 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1) 研究目標 発生工学技術は、生物機能の設計、構築、利用を目指す新しい科学技術分野 であり、多細胞生物の発生過程を操作し、所望の組織、個体を得ることによって、ライフサイエンス 研究に必要な実験モデルの開発のみならず、有用な家畜等の作出、育種等にとって、極めて 有力な手段の一つとなってきつつある。このため、発生の各段階を効率的に操作するための 技術の開発と有用動植物個体の作出、育種を目標に、(1)発生過程に特異的な遺伝子制御系 の操作技術の開発、(2)胚幹細胞・始原生殖細胞及び未分化細胞の操作技術の開発、 (3)発生工学技術を利用した有用家畜類の作出・育種に関する研究を行う。 2) 研究計画 (1) 発生過程の遺伝子操作技術の開発 発生過程の細胞、組織、個体を対象とする遺伝子 操作技術を開発するため、組織特異的及び発生時期特異的な遺伝子制御系の操作技術に ついて研究する。 (2) 発生過程の細胞操作技術の開発 発生過程の細胞から組織及び 個体が構築される段階での操作技術を開発するため、胚幹細胞、始原生殖細胞及び未分化 細胞の操作技術について研究する。 (3) 発生工学の利用技術の開発 発生工学技術を 利用し、有用家畜類の作出・育種とトランスジェニック動物の作出について研究する
キーワード (5件):
発生生理 ,  生殖細胞 ,  遺伝子操作 ,  遺伝的調節 ,  遺伝子発現
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1993年度: 20,008(千円)

前のページに戻る