研課題
J-GLOBAL ID:200904090794179911  研究課題コード:9800036260 更新日:2003年02月17日

核酸と蛋白質の共進化

Study on double promotion of the nucleic acids and the proteins
実施期間:1994 - 1996
研究概要:
小さな原始tRNAと活性アミノ酸はジペプチドを觸媒として特異的に反応することを発見した。これは,生命がオリゴヌクレオチドとオリゴペプチドという小さい生命分子間のいくつかの基本的相互作用によって生み出されたことを示唆し,いわゆるRNAワールド説に疑問を投げかける。現在ペプチジルトランスフェラーゼ活性を持つジペプチドの発見など新しい領域が再び開けつつある
キーワード (6件):
tRNA ,  ペプチジルトランスフェラーゼ ,  オリゴヌクレオチド ,  ジペプチド ,  生命の起源 ,  生物進化
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る