研課題
J-GLOBAL ID:200904091548630783  研究課題コード:9910000270 更新日:2003年12月15日

適応処理による非定常雑音下での音声認識技術の開発

Development of the speech recognition technology undernonstationary noisy environments using an adaptation method
実施期間:1998 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
本研究は,工場のような非定常雑音下での頑健な音声認識技術の開発を目的としている。このような環境では,高騒音の重畳とスペクトルパターンの変形により,精度の高い音声認識が困難になっている。この研究では,時間軸を非線形に伸縮する時間正規化(DTW)によるパターンマッチングに,雑音下において比較的信頼性の高い有声音区間を重み付けしたパラメータを導入することにより,音声認識性能を向上させる。
キーワード (4件):
音声認識 ,  非定常雑音 ,  有音声 ,  パターンマッチング
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 漢野 救泰
研究制度: 経常研究
研究予算: 1998年度: 364(千円)

前のページに戻る