研課題
J-GLOBAL ID:200904092558454394  研究課題コード:9800013864 更新日:2009年06月17日

高炉スラグ微粉末を利用した高性能コンクリートに関する研究

Study on high-performance concrete using finely pulverized powder of iron-blast-furnace slag
実施期間:1991 - 1993
研究分野 (1件): その他
研究概要:
高炉スラグ微粉末を利用して、低発熱、高流動、および材料不分離性高性能コンクリートの開発を行う。RCD工法用超硬練りコンクリートでは、締め固め効率の高いコンクリートが対象となる。研究期間は3箇年程度を予定しており、平成5年度はスラブセメントおよび混和剤の複合効果に関する検討を行い、より高性能なコンクリートの開発を目指す。
キーワード (5件):
コンクリート ,  スラグ ,  微粉体 ,  流動化 ,  RCC工法
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究予算: 1993年度: 5,516(千円)

前のページに戻る