研課題
J-GLOBAL ID:200904093344968133  研究課題コード:0250003467 更新日:2005年01月20日

ナシ園における省力化栽培体系の確立 (1)ナシ早期多収及び省力化樹形の探索と大苗育成法 3)波状棚によるナシ栽培の確立

Establishment of laborsaving cultivation system in pear orchard: (1) Search for early high yield and laborsaving tree shape and method for breeding large seedling: 3) Establishment of pear cultivation by wavelike shelf
実施期間:1999 - 2004
研究概要:
ナシ栽培で用いられる平面的な棚を、波状の形状に改変することで、土地面積あたりの棚面積を広くする。その場合の、各種整枝法について検討し、反収の向上、樹勢の維持強化技術を開発し、栽培の省力化を目指す。
キーワード (4件):
ナシ ,  波状棚 ,  省力化 ,  整枝法
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E169000000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る