研課題
J-GLOBAL ID:200904094660492333  研究課題コード:6000001070 更新日:2009年03月05日

褥瘡予防汎用寝具類の性能評価に関する研究

実施期間:2006 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究分野 (1件): リハビリテーション科学・福祉工学
研究概要:
今世紀,わが国は空前の高齢化社会を迎える.あらゆる分野において少子高齢化社会に対応した環境の整備が緊急の課題になっている.要介護高齢者等に多くの症例がみられる褥瘡(床ずれ)も深刻な問題である.医学的には褥瘡は人体局所の虚血性皮膚壊死とされているが,最近の研究から,その発症・進行要因としては単純な圧迫力だけではなく皮膚組織内で発生する剪断力や引っ張り力など複数の要因が指摘されている.したがって,人体の特定部位に加わる応力と皮膚組織内の変化ならびに皮下細血管血流量(組織血流量)との関係を明確にすることが重要となる.しかし,今のところこれらに対する研究例は少なく,エビデンスも少ない.そこで,本研究までは人体局所に印加される応力と組織血流量の関係を検討するとともに用いる寝具や着衣の種類と応力および組織血流量との相互作用についても考察を行い,真に効果的な褥瘡予防寝具類提案の一助とする.
キーワード (3件):
褥瘡 ,  虚血性皮膚壊死 ,  組織血流量
研究制度: -

前のページに戻る