研課題
J-GLOBAL ID:200904094811009893  研究課題コード:9911005011 更新日:2001年11月21日

促成ナスにおけるマルハナバチを利用した省力的安定生産技術の確立

Establishment of the eggplant limitational production by foraging of banble bees
実施期間:2000 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
促成ナス栽培において,ホルモン処理を行う代わりにマルハナバチによる着果処理を行った場合の収量・品質を把握し,着果にかかる労働時間の削減を目指す。
キーワード (4件):
ナス ,  促成栽培 ,  マルハナバチ ,  着果
研究制度: -

前のページに戻る