研課題
J-GLOBAL ID:200904095264568226  研究課題コード:3019 更新日:2013年10月07日

鳥類を指標生物としたアジア生物多様性保護支援データベース

BirdBase -アジアの鳥類分布データベース-
実施期間:2000 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本データベースでは、絶滅危惧鳥類約300種を含むアジア地域における鳥類の分布データ30万件以上(約850種、観測地域130,000点)を収録した。アジアの特に重要な自然環境地域と鳥類についての他に類のない豊富なデータを提供するというだけでなく、自然保護計画立案のための基礎データとしての利用ができる。WebGISソフトを使用した鳥類分布データの3種の検索(種名、地域別、生息地別)と資料のキーワード検索が可能である。また、外部の鳥類調査グループが鳥類分布観察データを入力するためのスタンドアローンで稼働する入力支援ツールを提供でき、入力された複数グループの観察データを収集統合することができる。さらに外部の鳥類調査者は登録することにより、インターネットを介して調査者同士の観察データの交換が可能である。今後も年間約1万件ずつのデータ更新を予定している。
研究制度: 研究情報データベース化事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る