研課題
J-GLOBAL ID:200904095815765575  研究課題コード:9800029139 更新日:1996年08月26日

成長ホルモンの血中濃度と肉質の組織学的判定による種雄牛選抜技術の開発

Development on selection by blood concentrations of growth hormone and histological observations of muscle in Japanese Black Bulls
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
肉用牛の改良を効率的に推進するためには,遺伝的産肉能力に優れた種雄牛の選抜が重要である。現在主として産肉能力検定により選抜しているが,選抜の一方法として成長ホルモン及びインシュリン様成長因子の分泌量,筋繊維,脂肪組織の特性等と発育,肉質等との関連を解明し,種雄牛選抜の一助とする
キーワード (10件):
成長ホルモン ,  血中濃度 ,  分離育種 ,  肉牛 ,  ソマトメジン ,  分泌 ,  筋線維 ,  脂肪組織 ,  牛肉 ,  品質
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 953(千円)

前のページに戻る