研課題
J-GLOBAL ID:200904095831449195  研究課題コード:0250003702 更新日:2003年03月31日

発生対応型防除技術の確立 (1)おうとうの幼果菌核病と灰星病

Establishment of prevention technique coping with emergence: (1) Outou cherry young fruit sclerotium and Monilinia fructicola
実施期間:2001 - 2003
研究概要:
おうとうの幼果菌核病及び灰星病の発生生態を明らかにし,両病害の同時防除を基本に耐性菌出現を抑える効率的防除対策を確立する。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る