研課題
J-GLOBAL ID:200904096082723427  研究課題コード:9800034443 更新日:2003年12月08日

泡盛蒸留廃液の処理及び有効利用に関する研究 高温メタン発酵法による処理について

Studies on treatment and effective utilization for Awamori distillers wastes Treatment by thermophilic digestion
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
泡盛蒸留廃液のメタン発酵法による処理について,これまで中温メタン発酵法(35°C)の処理を検討し,一定の処理効果を得た。蒸留廃液は高温(90°C)で排出されるため,高温メタン発酵法(53〜55°C)が有効であると考えられる。今後は,同高温メタン発酵菌を使用して有機物質負荷とガス生成量の関係,消化液の水質及び発生ガスの性状について検討を行う
キーワード (5件):
焼酎 ,  蒸留副産物 ,  廃水処理 ,  メタン発酵 ,  生物学的水処理
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る