研課題
J-GLOBAL ID:200904096437163975  研究課題コード:9800020967 更新日:1996年11月11日

膜分離による梅干し調味廃液利用技術の開発

Developments of the application technologies for Umebosi-seasoning membrane-separated waste
実施期間:1993 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
梅干調味廃液について種々の膜を用いて運転条件と分離特性あるいは成分変化との関係を解析し,適切な膜と運転条件を選択すると共に,調味料素材の評価基準となる要因と品質特性との関係を解析する
キーワード (6件):
膜分離 ,  廃水 ,  再利用 ,  食品加工 ,  調味 ,  調味料
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 331(千円)

前のページに戻る