研課題
J-GLOBAL ID:200904097528210603  研究課題コード:9800043167 更新日:2003年11月20日

抗日本脳炎ウイルス血球凝集抑制抗体検出の迅速化および簡便化の検討

Rapid and quick detection of anti-JEV-antibody by hydroxyapatite imprognated paper
実施期間:1997 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
ウイルスの感染症の検査手法の1つに血球凝集抑制抗体の検出がある。 しかし,検査のため,前処理に2日程度の時間と煩雑な操作が必要で ある。この前処理の簡便化を試みる。前処理について従来法では, アセトン処理,補体非動化,非特異凝集素の除去を行っている。 新しい処理法では,アパタイトペーパーを用いて抗体画分を分離抽出 する
キーワード (5件):
日本脳炎ウイルス ,  血球凝集 ,  抑制 ,  抗体 ,  検出
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 佐藤 利明
研究制度: 経常研究

前のページに戻る