研課題
J-GLOBAL ID:200904097988082239  研究課題コード:9800020329 更新日:2001年03月30日

いぶし瓦の銀色光沢に及ぼす瓦素地の影響

Effects of tile base materials on the silvery gloss of smoked roofing tiles
実施期間:1993 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
淡路産のいぶし瓦は,他産地に比べ良好な銀色光沢を示し,ユーザにも好まれ,言わば,いぶし瓦のブランド品的存在である。そのため香川県内のいぶし瓦工場においても,淡路産の粘土を使用していぶし瓦を製造している所が多い。しかし,淡路産のいぶし瓦が良好な銀色光沢を示す理由は経験的にしか知られておらず,定量的に示した報告は見あたらない。そこで,本研究では,いぶし瓦の銀色光沢に及ぼす瓦素地の要因を定量的に解明し,香川県産粘土の配合により同様な銀色光沢が出せるかどうか検討する
キーワード (4件):
,  粘土 ,  調合 ,  色
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 350(千円)

前のページに戻る