研課題
J-GLOBAL ID:200904098339691710  研究課題コード:9800021300 更新日:2001年03月30日

化学構造に依り決定される高分子のガラス転移挙動の理論的解析

A theoretical analysis for vitrification-phenomenon of various polymers considering with their chemical structure
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
高分子の分子構造を幾何学的に記述し得る記述法の創出と,この記述法に基づき化学構造から対象高分子のガラス転移挙動を説明可能な理論の展開と,転移温度予言方程式の導出に依るナイロン等の熔融成形高分子の粘度と温度との関係(粘弾性的性質の時間温度依存性)を解析して,成形等の技術の最適化をめざす。
キーワード (9件):
ガラス転移 ,  ガラス状態 ,  高分子 ,  分子構造 ,  転移温度 ,  粘度 ,  温度 ,  成形 ,  最適化
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 44(千円)

前のページに戻る