研課題
J-GLOBAL ID:200904098563979983  研究課題コード:9911002466 更新日:2003年05月14日

磁場中熱処理が誘起した新現象に関する研究

実施期間:1999 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
最近われわれのグループは,磁場中熱処理によって興味深い現象が 誘起されることを見出した。この現象はFeを含む金属間化合物で発見 された。この物質は磁場をかけずに800°C前後から冷却すると,磁性を 示さず室温以下の磁化は温度依存性が無く,パウリ常磁性である。 ところが,数千ガウス程度のさほど強くない磁場中で冷却すると強磁 性を示すことが分かった。両者は室温の磁化の大きさにして約2桁の 差があり,応用面からも興味深い。この現象の起源は今のところ全く 不明で,本研究の目的はこの現象のメカニズムを明らかにすることに ある。
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1999年度: 12,258(千円)

前のページに戻る