研課題
J-GLOBAL ID:200904098644296597  研究課題コード:9800006985 更新日:1994年03月01日

食品汚染真菌に関する研究

Studies of foods contaminated by fungus
実施期間:1983 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
真菌に起因する食品の変質・変敗は,多様な食品と種々の汚染菌との間で発生している。しかし,これまでに実施した市販食品の真菌汚染実態調査の結果から,食品の種類と発生する真菌の間にはある程度の相関が認められた。そこで,食品の真菌汚染防除対策を講ずる基礎資料を得る目的で,代表的な食品汚染菌30菌種を対象に,その増殖と代謝活性に及ぼす諸因子(食品成分,水分活性,温・湿度など)の影響を検討し,各菌ごとの生育条件を把握する。また,有症苦情食品から分離した真菌を対象に,各種マイコトキシン,有害有機酸など有害代謝産物の生成能を検討する
キーワード (11件):
食品汚染 ,  微生物汚染 ,  真菌類 ,  変質 ,  変敗 ,  増殖 ,  代謝 ,  ミコトキシン ,  有害物質 ,  有機酸 ,  代謝産物
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 0(千円)

前のページに戻る