研課題
J-GLOBAL ID:200904099072076651  研究課題コード:9800024460 更新日:2006年03月14日

新規酵素活性測定法を利用した糖脂質関連酵素に関する研究

Study on glicolipid related enzymes using new enzyme activation measurement
実施期間:1991 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
1)研究目標 1.スフィンゴ糖脂質に作用する酵素群に関する知見を集積し、糖鎖構造解析技術、あるいは糖鎖の持つ生体機能の解析に資する。2.蛍光でラベルした基質を用いた非RI的な糖鎖関連酵素の活性測定法の研究も行う。 2)研究計画 スフィンゴ糖脂質に作用する酵素群について、その反応系を解明し、酵素精製を行い、基質特異性などの諸性質を明らかにする。さらに、酵素の新たな利用法を検討すると共に、糖脂質に作用させたときの、糖鎖のもつ機能について解析するための知見を得る。さらに、蛍光ラベルしたスフィンゴ糖脂質を合成し、これを基質として複合糖質分解・合成酵素の活性を測定する方法を確立する
キーワード (5件):
糖脂質 ,  スフィンゴ糖脂質 ,  構造解析 ,  酵素利用反応 ,  酵素
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1993年度: 10,700(千円)

前のページに戻る